伊藤秋廣Profile

実は40歳まで営業マンをしていました。

伊藤秋廣が、普通のライターと大きく違っている点と言えば、40歳になるまで、一般企業の営業マンとして、ごく普通の社会生活を送っていたというプロフィール。それが伊藤秋廣の最大の強みであると、周囲の方々からも評価を受けています
なぜなら、サラリーマン生活を長く体験してきたからこそ、取材対象となる企業人の方々の気持ちが理解しやすいですし、何よりも一般消費者・読者側の視点が身についています。
さらに営業マンとして嫌と言うほどたたき込まれてきたビジネスマナーやヒアリング能力も、現在のインタビューワークに生かされているのは間違いありません。

 

_KKC2785(経歴)
1966年、東京都生まれ。中央大学杉並高等学校から中央大学法学部法律学科へ進学。卒業後は、株式会社河合楽器製作所に入社し、本社経理部、営業統括室営業広報課に配属される。その後、株式会社インテリジェンスに入社し、求人広告の企画営業を担当するなど、いくつかの転職を繰り返し、2006年、40歳になった時に副業で始めたライターとして独立。長いサラリーマン生活に別れを告げ、ひとりプロダクション“エーアイプロダクション”を設立し、現在に至る。