中国のシェアエコ最前線(その1)

(本記事は提携メディア「Share! Share! Share!」にて掲載されたものです)

聞き手:伊藤秋廣(エーアイプロダクション

7月2日から5日の4日間、一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局長の佐別当隆志さんをはじめとする関係者一行が、中国を訪問。同国のシェアサービス最前線を視察しました。今や“シェアエコ大国”と認識される中国におけるサービスの浸透度はどのようになっているのか。佐別当さんにたっぷり語っていただきました。

――まずは、今界の視察の目的や経緯からお聞かせください。

中国は、市場規模、サービスの種類、国民浸透度、政府の理解やサポートの手厚さなど、あらゆる要素において最先端を走る、“シェアリングエコノミー大国”として認識されています。

私も以前から視察に行きたいと思っていましたし、シェアリングエコノミー協会の理事や登録企業、シェアエコを推進する政府筋の方も含め、多くの関係者の中にもそういった要望があることは理解していました。今年こそは、ということで周囲を巻き込みながら準備を進め、ようやく実現しました。

続きはこちら
↓↓↓(外部サイトに移行します)
https://share.jp/interview/chinashare_1

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA