映画からひも解く経済学

みずほ証券様が運営するオウンドメディア「お金のキャンパス」にて、経済学者への連載インタビューコンテンツの取材&撮影&執筆を担当。今回は、リアルな経済学をわかりやすく学べると話題の「シネマ経済学」の創始者として知られ、国際金融・フィンテック・決済などの第一人者である帝京大学経済学部教授・宿輪純一先生から、話題の新経済学の魅力や意義についてうかがいました。

▶「映画からひも解く経済学」前編

(冒頭引用)映画の解説を聞きながら、リアルな経済学をわかりやすく学べると話題の「シネマ経済学」。このたび特許庁にて商標登録も完了し、映画と経済学の新結合が、新分野として公的に認知されました。今回はこのユニークな経済学の創始者として知られ、国際金融・フィンテック・決済などの第一人者である帝京大学経済学部教授・宿輪純一先生に、話題の新経済学の魅力や意義についてうかがいました(このインタビューは2017年11月29日に行われました)。

本文はこちら↓
https://money-campus.net/archives/3952

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA