「世田谷ものづくり学校」の歩みと未来像

才能あるプロフェッショナルと出会うことができるコミュニティサービス「SAIRU」。公式ホームページ上で展開する「コミュニティNEWS」に掲載された「世田谷ものづくり学校」運営者のインタビュー記事です。

(冒頭引用)2004年に廃校となった世田谷区立池尻中学校を再利用。次世代モデルの廃校跡地再生プロジェクトとしてスタートした「 IID(Ikejiri Institute of Design)世田谷ものづくり学校」は、開設以来、常に地域との関わり方や新しい働き方を考え、実践できる場を提供してきました。その歩みや、現在、注力していること、そして本校の未来像について聞きました。

▶︎「学校という求心力あるスペースがハブになり、あらゆる立場のあらゆる年代の人々を繋いでいく。世田谷ものづくり学校の歩みと未来像」

■本文はこちら↓

https://sairu.com/news/20170404

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA