ギャグ漫画家が“鬱”をテーマに選んだワケ

コミックエッセイ「うつヌケ」の大ヒットで知られる漫画家・田中圭一先生へのインタビュー記事。テーマは“うつ病”。ご本人の体験を赤裸々に語っていただきました。

(冒頭引用)日本人の約16%が経験しているという鬱病。鬱病は特別な人だけのものではなく、誰だって罹る可能性があるものだ。コミックエッセイ『うつヌケ』(田中圭一・著)は著者自身の鬱病から快復までの経験と、著名人から一般人まで鬱病を経験した人たちへのインタビューを重ね、大ヒットとなっている。これまで下ネタギャグ漫画(『田中圭一最低漫画全集 神罰1.1』『イかれポンチ』)を書き続けた田中氏はなぜ、この鬱を題材にしたのか。一週間連続インタビュー連載「学考」第一回。

http://best-times.jp/articles/-/6430

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA