「残りの人生を費やし、ひとつでも多くの夜景のポテンシャルを引き出していきたい」

「あらゆるニュースをポケットサイズでお届け!」をコンセプトとした動画中心のニュースサイト「News Pocket」に、代表の伊藤がインタビューアーとして登場。夜景プロデューサー・丸々もとおさんに “夜景ビジネスの哲学”についてお聞きしています。

(冒頭引用)今年、東京スカイツリーから望む月が特に後世に残したい名月として一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローより、「日本百名月」に認定された。これを記念して東京スカイツリーでは、9月1日から10月4日までの間「お月見」をテーマに名月鑑賞会やジャズライブなど様々なイベントを開催する他、展望台のカフェでは期間限定のカクテルやスイーツなどを販売。国内はもちろん海外からも多くの観光客が訪れ、世界一高いタワーから見える名月を楽しんでいる。
このイベントの仕掛け人であり、大盛況に導いたのは夜景・イルミネーションプロデューサー兼、夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事の丸々もとお氏。
これまで新潟県アパリゾート上越妙高をイルミネーションで飾り、ギネス認定の人気観光スポットに変えたり、長崎県のハウステンボスで「光の王国」というイベントの開催を企画し、同所の冬の売り上げを黒字に導いた「光の魔術師」だ。
その実績から、彼の元には全国の企業や自治体から夜景を活かしたビジネスの相談が年間100件以上舞い込んでいる。
そんな丸々氏に、プロインタビュアー伊藤秋廣が“夜景ビジネス”の哲学を聞いてみた。

本文はこちら↓※外部サイトに移行します

夜景プロデューサー「丸々もとお」に聞く “夜景ビジネスの哲学”

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA