「何か行動を起こさない限りは今の状況は変わらないから、とにかく今、できることをやろうよ」

元Jリーガーで、車いすバスケットボール選手として4度のパラリンピックに出場。現在はサッカーと車いすバスケットボールの指導者として活躍する京谷和幸さんにインタビューをさせていただきました。どんなに大きな困難にぶち当たっても再び立ち上がる不屈の魂。勇気をもらえたインタビューとなりました。

▶︎大きな失敗を乗り越えたからこそ、これだけ成長できた自分がいる

(冒頭引用)1993年にプロサッカー選手としてJリーグ開幕をむかえるも、半年後に交通事故で脊髄損傷、車いす生活に。リハビリの一環として出会った車いすバスケットボールに魅了され、選手として4度のパラリンピックに出場。現役引退後は、サッカーと車いすバスケットボールの指導者として活躍されている京谷和幸さんに、講演会で伝えていることやコーチとしての指導論について伺った。

本文はこちら↓
https://www.speakers.jp/interview/k_kyoya/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA