あらゆるコミュニケーションロスは発信者サイドの言葉選びに起因する。

あらゆるコミュニケーションロスは、発信者サイドの言葉選びに起因します。

不十分な説明は誤解を生みますし、発言が一人歩きして炎上したり、発言者のイメージを損なう可能性すらあります。

それがインターネット社会の恐ろしさでもあることは誰もが認めるところでしょう。

また、せっかくすばらしい商品やサービス、意義のある活動を行っていたとしても、自社のホームページやオウンドメディアなどを駆使して正しく魅力を発信できないのも、一種のコミュニケーションロスと言えなくもないでしょう。

 

自分の気持ちを正確に表現するのは難しいものです。だから、ワンクッション“客観性”というフィルターを通してみる。そうすると、むしろ思った以上に、うまく“自分らしさ”を表現できたりします。

“思い”だけではなく、商品やサービス、開発秘話などをテキストで伝えようとすると、どうしても業界常識に縛られてしまい、広く一般ユーザーが理解できないような表現が用いられ、正しく伝わらない、理解されないというケースも往々にしてあります。いずれにせよ、やはり、業界に関係のない外部の目を通す必要があるということです。

そんなときこそ、プロのインタビュアーに任せてみてください。思いのままにお話しいただければ結構です。気持ちやニュアンスを正しくキャッチして、それを正確に再現しながら、客観的にわかりやすい言葉に置き換え、なおかつ魅力的なストーリーとして構成させていただきます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA